スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいカレーができました

少し暖かくなり桜もちらほらと咲きだしちょっと活動したくなる季節になりました。
3月23日(土)に知的障がいのある人たちのサロンみっぱらクックに参加させてもらいました。
今回のメニューは、みんなが大好きなカレーライスです。
 
高校生のボランティアの主導のもと わいわい がやがや にぎやかにじゃがいも剥いたり、
人参を型抜きでハートにしたり楽しい時間を過ごしました。

DSCF1696.jpg DSCF1694.jpg

カレーの煮込みもプロ顔負け、あくを丁寧にとってました。
いいにおいがあっちこっちからして、まだできないのかなとカレーのふたを開けてのぞいてました。

                                 
DSCF1705.jpg DSCF1701.jpg

DSCF1708.jpg

自分たちで作ったカレーライスは、おいしくパクパク食べてあっというまに空になりました。

障がいがあってもチャレンジすることで、自分でもできるんだという自信が生まれます。
みっぱらクックは、楽しく・気軽に・無理なく・自由にをモットーに毎月1回開催しています。

次回は、4月20日(土)に中央ライフデザインセンターの調理室にて開催予定です。
スポンサーサイト

絵本から学ぶ子育て

3月13日(水) 蘇原コミュニティーセンター集会室で ファミサポ交流会が開催されました。講師に浅井彰子先生をお招きして、「絵本から学ぶ子育て」について講演していただきました。親子で一緒に参加できるとあって、大人40名、子ども32名とたくさんの参加がありました。  
371.jpgDSC09775.jpg

snap_kakamigaharashakyo_201333144446.jpgキャベツから虫が出てくる指人形にお子さんたちわくわく♡ 
369.jpgDSC09739.jpg

お母さんたちは皆さん子育てについての話を真剣にきいてみえました。まずは、子どもたちと一緒に手遊びをしました。続いて大人向けの絵本"ラヴ・ユー・フォーエバー"を読んでいただき、 「お母さんはどんな時もずっと生きている限り子どもの幸せを祈り、支えています。子育てには大変な時もあります。しんどい時はしんどいって言っていいよ。
みんなに相談して お友達と悩みを共有して あったかい気持ちで子育てして下さい。
と子育てについて勇気づけられるお話をしていただきました。
380.jpg
お母さんたちがこの先 もしつまづいたとしたら この絵本の話を思い出してほしいですね。
最後に子どもたちのために紙芝居を読んでいただき みんな大喜びでした。ステキな時間をありがとうDSC09787.jpgございました。


                                                                              おりがみででんぐり返りを折りました 



ファミリーサポートは子育てのサポートを受けたい人と行いたい人が会員となり、地域で子育てを支えあうことを目的としています。
一人じゃ大変なこともみんなで助け合える・・・そんなお手伝いをしています。

おはぎ作りでコミュニケーション

 3月9日、つつじが丘1丁目近隣ケアグループでは、「みんなでおはぎ作りを楽しみませんか」と町内に回覧で呼びかけ、交流を図りました。
 はじめは近隣ケアのメンバーだけでおはぎを作り、高齢者夫婦の方にお届けしようとしていました。しかし、それでは味気ないと、町内の方々が一緒になって作ることも目的としました。小さなお子さんを連れた若いパパも参加され、とても楽しいひと時となりました。おいしい3色のおはぎが出来上がると、30名ほどの元へ近隣ケアさんから届けられました。
DSCF1860-2.jpg  DSCF1856-2.jpg

こどもとお年寄りの交流がありました

 各務原社会福祉協議会ではボランタリーハウス事業を推進しています。
今日(3月5日)は春らしい日差しにさそわれて、鵜沼各務原町のボランタリーハウスあじさいへ行ってきました。
 毎回、地域包括支援センターかかみ野職員の健康相談と、健康運動指導士の木之村さんらによる健康体操が行われます。その後ボランティアさんがつくる食事をいただきます。
 今日は、合歓の木東幼稚園の年中児約50名が来てくださり、歌とハンドベルの披露と肩たたきなどふれあい交流をしました。皆さんとても喜ばれ笑顔がいっぱいの会となりました。
DSC09703-2.jpg DSC09725-2.jpg

6つの点でお話しませんか?

 6つの点とは、点字のことです。点字は6つの点で五十音などを表現し、視覚障がいの方が、指で触って読み取り、コミュニケーションをとるものです。公共施設などで目にする機会も多いものではないでしょうか。

社会福祉協議会では、今年も点訳ボランティア養成講座を開講します。
点訳とは、 「社協かかみがはら」や市広報・一般書籍などを点字本に作り替える作業のことです。  
点訳養成講座H24
各務原市内では、「点字サークルあけぼの会」の皆さんが点訳に取り組み、市内の視覚障がい者の方に喜ばれています。
その皆さんに講師を依頼し、点字を基礎から学ぶ講座を開講いたします。 (右の写真は昨年の様子です。)

日 時:
平成2548()~9月9()までの
   
 毎週月曜日の全18日間。

    (429日、56日、610日、715日、812日を除く)

    午前9時30分~11時30分

会 場:各務原市総合福祉会館 3階 研修室
     各務原市那加桜町2-163

対 象:①市内在住または市内在勤の方で
     ②講座終了後もボランティア活動が可能な方

受講料:3000円

点字について興味がある方、ボランティアについて「何かやりたいな」とお考えの方など気軽に社会福祉協議会までお問い合わせください。 
  
プロフィール

各務原社協

Author:各務原社協
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。