FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉学習会(社協那加一支部&那加第一小学校)

5月30日、社協那加一支部(山岡和彦支部長)では、那加第一小学校体育館で福祉体験学習会を行いました。

今回は那加第一小学校(村井俊之校長)の4年生児童127名が、はじめに各務原市社会福祉協議会の職員から車いすの種類の説明や扱い方を聞いた後、地域の民生委員さんや自治会長さんの指導のもと、2人一組になって実際に車いすを押す体験をしました。「段をこえるよ。」「動かすよー。」などと声をかけながら、マットなどで段差があるコースを押しました。
 鈴木穂香さんは「車いすに乗ってみて思ったよりこわくて、いつも車いすで生活しているなんてすごいと思いました。車いすを押してみて、段差のとき、前のタイヤを上げるのが大変でした。もし、これから車いすの人を見かけて、段差があったら手伝ってあげたいと思いました。」と感想を言っていました。

 さらに、手話サークルはにわ会の方からは、自己紹介や手話のあいさつを教えていただきました。早速みんなで「こんにちは」「ありがとう」など、友達同士であらわし手話を体験しました。
 また、点字サークルあけぼの会の方から、手で触ってわかる絵本を見せていただきました。聾学校から依頼があってフエルト布などで作ったとのことで、興味深くお話を聞きました。講師の方は、シャンプーや点字のついている商品をお店で探してみてくださいと言われました。

DSC00214-2.jpg DSC00218-2.jpgDSC00242-2.jpgDSC00295-2.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

各務原社協

Author:各務原社協
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。